A子、山に登る。

のほほん山行記録です。

大日平

大日平山荘が開くのは7月上旬なので、

大日平へ行くのはその後にしようと思っていた。

しかし、暑すぎて低山に行く気分にもなれず。

大日平まで行くことにした。

 

 

f:id:ao123456ao:20160613202858j:plain

 

 

牛ノ首あたりを通るのは正直不安だった。

でも去年一度行ったので、なんとかなるだろうと。

 

去年までは登山口まで歩いただけで息切れしていたが、

今回は楽勝(^o^)

成長したなぁ私。

 

 

f:id:ao123456ao:20160613202844j:plain

 

いい天気なのに人がいない!

細い登山道なので、慎重に進む。

 

f:id:ao123456ao:20160613202825j:plain

 

 

猿が馬場から牛ノ首の間は崩落しているので、慎重に進む…。

ガレ、ザレあり。とにかく浮き石が目立つ。


f:id:ao123456ao:20160614053726j:plain


この写真の箇所はまだ歩きやすいほう。


 

f:id:ao123456ao:20160613202810j:plain

 

 

ようやく牛ノ首。

写真でうまく表現できない自分がもどかしいのだが、

ここまでハシゴありロープありで、緊張した〜!


ここまでは、おじさん2人組を追い越してきたくらい。


 

f:id:ao123456ao:20160613202751j:plain

 

牛ノ首の尾根を過ぎると、木道。

ホッとする。

ここからはなだらかな道になる。


降りてくる人2、3人とすれ違う。

 

 

f:id:ao123456ao:20160613202735j:plain

 

はるか向こうには弥陀ヶ原ホテルが。

テンションあがるね!\(^o^)/

 

f:id:ao123456ao:20160613202717j:plain

 

日差しが強くて暑かった。

 

 

f:id:ao123456ao:20160613202655j:plain

 

振り返ると富山平野がみえる。

 

 

f:id:ao123456ao:20160613202631j:plain

 

 

大日平山荘の裏からみた不動滝。

山荘はもちろん閉まっていた。

 

 

f:id:ao123456ao:20160613202614j:plain

 

大日平山荘を通り抜けて大日岳方面へ。

6月始めで雪がこんなにないのは珍しいらしい。



沢を横切ってからの一帯は高山植物がチラホラ、目に留まる。

 

f:id:ao123456ao:20160613202553j:plain 

 

チングルマ

 

f:id:ao123456ao:20160614053443j:plain

 

 

ワタスゲ

全体的に笹ばかりで花は少ないように思う。

 

 

 

だんだん傾斜のある登りとなっていく。


木道が終わるところまで行くつもりだったが、体力の限界…。

標高1780メートルで折り返す。


朝ごはん、バナナ1本しか食べてなかったΣ(゚д゚lll)

持ってきた水も500mlのみ…で、暑さから結構飲んでしまい、既に残りわずか。

ただでさえ体力ないのに、これじゃ、バテるよね。



f:id:ao123456ao:20160613203133j:plain


 

戻る途中のベンチで軽くお昼ごはんを食べてから、

鍬崎山を望みながら降りる。

いつか登りたいなぁ〜(^o^)

 

 朝ごはんはちゃんと食べてから、登ろう…。

 

 

先日、称名滝とハンノキ滝の間が崩落したのだが、

牛ノ首から降りる道中でみると、

結構大きく崩れたように見える。

 

 

 f:id:ao123456ao:20160614053211j:plain

 


 

大雨が降ると、さらに崩れるのだろうか…。

下からみるとそれ程でもないように見えるのだが。

え〜どこどこ?って感じ。


f:id:ao123456ao:20160614053257j:plain


 

場所が場所だけに、

自然に任せるしかないのかな。