読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A子、山に登る。

のほほん山行記録です。

金剛堂山

昨年の12月、途中まで登った金剛堂山。

山の師匠と登ったのだが、雪深さのため2キロ地点で撤退していた。

 

今日は天候もまずまず。

 

さらに利賀トレイルランが昨日開催されており、

熊さん、猪さんも怯えているのでは?

と…自分勝手な考えもあった…。

 

山の師匠からも「奥金剛まで行け」と言われているので、

栃谷登山口から奥金剛までを目指します。

 

f:id:ao123456ao:20160529140154j:plain

 

 

沢を渡り、ここから登りがスタートする。

 

 

f:id:ao123456ao:20160529140242j:plain

 

と、いきなり3キロ地点。

 

ここまでカナリきつかった…。

 

同じくソロのおじさまとお話ししながら、登ってたので、写真撮りそびれる。

 

そして、手袋とサングラスを落としてしまっていた

ガ━(llʘДʘll)━ン!!!

 

が、戻る勇気もなし。

 

f:id:ao123456ao:20160529140516j:plain

 

コイワカガミが咲き誇る道をひたすら登る。

 

f:id:ao123456ao:20160529141049j:plain

 

雪を抱いた白山が見える。

 

f:id:ao123456ao:20160529141145j:plain

 

ようやく4キロ地点。

もうすこし!

 

f:id:ao123456ao:20160529141243j:plain

 

前金剛に到着!

標高1637.8m

 

結構人がいる(^o^)

軽く休憩したら中金剛へ。

 

f:id:ao123456ao:20160529141519j:plain

 

いい眺め〜(^o^)

気分最高潮!

 

さっきなくしてしまったオークリーのサングラスと

モンベル手袋と引き換えにしても、

いい?

かな??

 

 

そして、中金剛!

…どこか、よくわからず素通りしてしまった(´・_・`)

最高峰なのに…。

写真なし。

 

奥金剛までは、藪漕ぎあり。

アップダウンもある。

藪漕ぎは道を見失わないように、慎重に…。

 

f:id:ao123456ao:20160529145047j:plain

 

 

奥金剛に到着!

標高1616m。

白山が素晴らしい。

 

この辺りはニッコウキスゲの群生地らしいので、

1カ月後にまた行きたい。

 

 

 

 

下りは来た道を戻る。

 

ほとんどの人は奥金剛から下り東俣登山口から、

林道経由で栃谷登山口に戻るようだが、

 

オークリーのサングラスと

モンベル手袋を回収!!

という使命が私にはある…

 

 

 

でも、結局見つけられず(´・_・`)

自分の不注意といえばそれまでだが…。

 

 

花いっぱいの金剛堂山。

さすが日本二百名山の一つに数えられるだけのことはある。

 

カタクリの花も眺められたし、

コブシ(おそらく)の花も見れたし。最高だったな。

また登ろう(^o^)

f:id:ao123456ao:20160529143154j:plain

f:id:ao123456ao:20160529143208j:plain

f:id:ao123456ao:20160529143222j:plain

 

 

 

8:30 栃谷登山口

9:00 1キロ地点

9:55 3キロ地点

10:25 4キロ地点

10:45 前金剛

11:23 奥金剛

11:45 奥金剛出発

12:30 4キロ地点

14:00 栃谷登山口