A子、山に登る。

のほほん山行記録です。

元取山(もとどりやま)

「富山の百山」の1つに選ばれている元取山。

 

高岡市に住んでいながら、この山の存在を知らなかった。

虫が少ない今だからこそ、行けるに違いない!と思い、二上山に続けて登ってみることに。

 

「富山の百山」に掲載のコースの逆でトライした。

車は、鳥倉集会所に留めて、スタート!!

 

・・・したいのだが、

 

どこから登るのかわからない・・・。

 

 

一応、案内地図の看板があるので、これを頼りに進むことにした。

今思えば無謀だったな・・・。

 

案内版によると、ここが登山口らしい。

 

f:id:ao123456ao:20160429194601j:plain


画面中央の、暗い道・・・。 

 

f:id:ao123456ao:20160521054315j:plain

まったく人の気配がない。 

途中トラロープがあるので、この道で合ってるっぽい。ホッとする。



元取山はかつて山城があった山。堀切が続くらしい。


ひたすら登りだし、足元は腐葉土なのでふかふかとしていて歩きにくい。

蛇はいる、虫もいる(汗)

 

帰りたくなってきた。

しかし来た道を戻る勇気はない…。

 

堀切を登り切ると・・・


f:id:ao123456ao:20160521054728j:plain

 

⁉︎⁉︎

 

写真には写ってないが重機が何台かある。

どうも林道を整備しているっぽい。

 

真っ直ぐかな?

と、進む…

 

進む…

 

進む…

 

なんか下り?

 

はっ!!!

 

 

 

道に迷ってしまった(・・;)

 

 

地質が粘土質で足場が悪く、足が重い。

人もいないので、誰にも道を聞けない。

かなりテンションが下がってしまった。

 

でも道しるべのピンクテープが上に見えていた。

  

スマホにジオグラフィカを入れていたことを思い出す。

 

ジオグラフィカ様そしてGPS様様のおかげで、

なんとか

山頂への道を見つけることができた。

 

f:id:ao123456ao:20160521054839j:plain

地図とコンパスは必携だね。

それかジオグラフィカの使い方を覚えるか^^;

 

人がホントにいないので

看板をみつけるとホッとする。

ここから2分で山頂に。急に視界が開ける。


ここまでいろいろあったけど、

この眺めを目前にすると、来てよかったと思う。 

 

f:id:ao123456ao:20160521054943j:plain

この山を守っていこうとする地元の方の意気込みを感じる。

f:id:ao123456ao:20160521054959j:plain


丁寧に整備された山頂。

 

f:id:ao123456ao:20160521055049j:plain

来た道は戻りたくないないので、鴨城址経由で降りる。 

鴨城の本丸跡。 

 

 

でもまぁ結局は争いが絶えることがなく古文書が残っていない戦国時代の越中は空白の期間。

この鴨城も誰の居城だったのか、わからないっぽい。

そんなことを考えながら下山。

ワタクシ歴女ですから。

 

f:id:ao123456ao:20160521055214j:plain

この道は迷わずにいけそうだと確信。 

足取りが軽くなってきた〜(^o^)

  

f:id:ao123456ao:20160521055229j:plain

横穴墓群を抜けて~。

 

f:id:ao123456ao:20160521055254j:plain

加茂集落側の登山口に到着。

 

それにしても、誰もいない山だった。早朝に来れば人がいたのかな。

眺望最高なので、また登りたい。

しかし、うっそうとした里山なので、冬にお世話になりたいかな。私は。


その時は加茂側から登ろう!ゼッタイ…と固く心に誓った。

 

 

13:40鳥倉集落側登山口

14:15元取山山頂(196m)

14:45加茂集落側登山口

14:55鳥倉集会所